【小上がり和室】の有用性にズームイン!

収納も可能なくつろぎ空間、【小上がり和室】はかなり優秀です♪

美しい日本の文化ともいえる、畳のある純和風の空間「和室」。近年では生活スタイルの欧米化により和室を持たない住宅も増えてはおりますが、それでも畳の持つ穏やかで優しい雰囲気やリラクゼーション効果は実に魅力的! 急なお客様に対する “おもてなし空間”として、また、気軽にゴロ寝できる “くつろぎ空間” として、そしてもちろん “寝室” や “子供たちの遊び場” として、実はとても用途の広い和室。で、今回はそんな和室の中でも、小上がりのスタイルを採用した【小上がり和室】の有用性をクローズアップ。リビングに隣接(一体化)して創出すれば「立体感」と「奥行き」を演出してくれるのでアクセント効果も高いですし、小上がりの部分に「収納機能」を持たせることも可能ですので、その利便性は計り知れません♪ 皆様どうぞ、ぜひご注目下さいね☆

リビングと一体化させる【小上がり和室】のメリットとは!?

【小上がり和室】とは、その名の通り床面に高さを設けて “小上がり状” に創出した和室のことを指します。間取り的にはリビングに一体化させるレイアウトが一般的で、平坦な空間に高低差を生み出すことで、リビング全体に「立体感」や「奥行き」を演出。清楚な “和のテイスト” はどんなお部屋にもマッチさせやすいですし、アクセント効果も非常に高いですね!
また、小上がりの段差になっている部分は大変腰掛けやすく、足腰の弱くなったご高齢者様でも楽に腰掛けてくつろげる部分は高ポイント。さらに、小上がりの部分を “収納スペース” として活用することもできますので、収納力不足を効果的に補うことが可能になります。次にご紹介するパナソニックの畳コーナー収納『畳が丘』を含め、収納場所の捻出に頭を悩ませている奥様方も【小上がり和室】、必見ですよ〜♪

●小上がり和室のメリット

・平坦なリビングに「立体感」や「奥行き」を演出できる
・和室ならではの清楚な “和のテイスト” を味わえる
・畳の柔らかな風合いは、ちょっとしたゴロ寝や休息にも最適
・段差の部分は腰掛けやすく、ご高齢者様でも楽に座ってくつろげる
・高低差があるのでリビングのホコリ等が入ってこない(=お掃除ラクラク♪)
・小上がりの部分を収納スペースとして活用することも可能

収納力も完成度もバツグンの小上がり和室キット、『畳が丘』に注目!!

洗練された美しいデザインや優れた機能性を誇る、魅力的なキッチンやシステムバスetc.をリリースしているパナソニック。そんな同社が誇る画期的な畳コーナー収納キット『畳が丘』は、持ち前の収納力と完成度の高さが魅力的な小上がり和室キットです。
さて、小上がりの部分に引き出し式の収納機能を追加する場合は、汎用の建具として市販されている引き出しを加工流用しながら造作していくパターンと、この『畳が丘』のような畳コーナー収納キットを導入するという2パターンに大別されます。前者は小上がり部分の高さをある程度自由に設定できるというメリットがある半面、ハッチ式でオープンする大容量の収納スペースやフロアキャビネットをイチから造作するとなると、かなりの手間やコストが必要になってきます。一方、あらかじめ “収納スペース付きの小上がり和室キット” として設計されているパナソニックの『畳が丘』は、キャスター付きでオープンorクローズの動作がスムーズな「引き出し収納」から、大容量の「ハッチボックス」、さらに「三角コーナー収納ユニット」etc.と、豊富な収納バリエーションを誇ります。畳の下のスペースすべてを多彩な収納エリアとして活用することもできますし、拡張性や完成度、さらにコストパフォーマンス共に優れた製品といえますね!

リビングのアクセントとしてもマッチング良好!

オドロキの収納力☆

本体サイズや収納スタイルの異なる複数のユニットを組み合わせることで、快適で収納力の高い【小上がり和室】を創出できるパナソニックの畳コーナー収納キット『畳が丘』。女性や高齢者様でもラクラク開閉できる、スプリング付きの「ハッチボックス」は大容量の6尺タイプ(幅1700㎜×奥行き850㎜×高さ365㎜:容量450ℓ)と、3尺タイプ(幅850㎜×奥行き850㎜×高さ365㎜:容量225ℓ)、さらにスプリングレスの1.5尺タイプ(幅850㎜×奥行き425㎜×高さ365㎜:容量110ℓ)や、3尺タイプのハッチボックスを斜めに割った形状となる三角コーナーユニット(容量110ℓ)の全4タイプをラインナップ。また、キャスター付きの引き出し収納は3尺タイプ(幅850㎜×奥行き850㎜×高さ365㎜:容量100ℓ)と1.5尺タイプ(幅850㎜×奥行き425㎜×高さ365㎜:容量50ℓ)の2タイプを用意。これらのユニットを自在に組み合わせる事で、様々な畳数やレイアウトの【小上がり和室】を創出することが可能となるワケですね☆

ラクラク開閉で使いやすいハッチボックス!

引き出し収納も使い心地バツグン♪

収納ユニットのタイプも多種多様☆

 

〜まとめのお話〜

生活スタイルの欧米化により「和室」を持たない住宅も増えてはおりますが、美しい日本の文化ともいえる畳のある和のテイストは、やっぱり魅力的ですよね! しかも、“平坦なリビングに立体感や奥行きを演出できる”、“段差の部分は腰掛けやすく、ご高齢者様でも楽に腰掛けてくつろげる”、“高低差があるのでリビングのホコリ等が入ってこない”、“小上がりの部分を収納スペースとして活用することも可能” と、実にメリットの多い【小上がり和室】。パナソニックの畳コーナー収納キット『畳が丘』を含め、この機会にぜひ、リビングと一体化させた【小上がり和室】を検討されてみてはいかがでしょうか。アクセント効果や居心地の良さはもちろんですが、収納面でも見逃せない存在ですよ♪

◎参考ホームページ&画像協力/パナソニック ホームズ&リビング(畳が丘)
https://sumai.panasonic.jp/interior/miriyo/tatamigaoka/

 

三陽工務店の公式HPはこちら

おすすめの記事